ヘインズのTシャツコピー「BEEFY-T®」が40年ぶりのリニューアル|Hanes

1901年に誕生し、アメリカ国内のメンズアンダーウェアではトップシェアを誇る「Hanes(ヘインズ)」。ヘビーウェイトTシャツの代名詞である「BEEFY-T®」が、誕生から40周年を迎えるのを機にリニューアルされた。1975年に誕生した「BEEFY-T®」は、当初、ヒッピー文化の象徴だったプリントTシャツのボディとして開発。これをきっかけに “アウターとしてのTシャツ” が定着した歴史をもつ。

“タフでたくましい” という名前の通り、丈夫で長持ち、洗いこんでも首回りが伸びにくく型崩れしない強さ、耐久性をもちながら、洗えば洗うほど肌に馴染む独自の風合いが特徴のTシャツとして親しまれてきた。また、東京のビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷キャットストリートウィメンズストアでは、ヘインズのフェア「Hanes more variation」を期間限定で開催。

「BEEFY-T®」を中心とするパックTシャツを販売し、フェア期間中の2日間は「BEEFY-T®」の購入者を対象に、デザイナーで「FLAVOR」ディレクターの神山隆二氏によるシルクスクリーンのプリントのイベントをおこなう。さらに、ヘインズの商品を含め5000円以上購入した方にはガチャガチャを実施。当選者には、ブランドオリジナルのファイヤーキングのカップやティッシュBOXを数量限定でプレゼントする。

着心地の良いコットン100%のヘビーウェイトな生地を使用し、「BEEFY-T®」ならではの快適性はそのまま、グレーディングを1インチピッチでリサイズ。さらにS~XLのサイズのピッチもせばめている。肩幅やアームホールもバランス良く調整し、アメリカを感じるクラッシックなシルエットに、さらに磨きをかけてリリースされる「BEEFY-T®」。Tシャツの定番としてワードローブにくわえたい一枚だ。

FROM:http://openers.jp/article/947255