2018年秋冬人気コレクションコムデギャルソン コピーシャツ

今季、最初にランウェイを飾ったのは有機的ラインでパネル化されたコムデギャルソン コピーシャツの数々。幾種類かのテキスタイルで構成された1枚は、水たまりのように規則性のない図形が合わせられた、緻密なパターンの組み合わせからできている。さらに登場した四角を重ね合わせたシャツには、バックルが配されて、ほんのりミリタリーなムードを漂わせた。テキスタイルそのもの自体は、オーソドックスでありながら、シャツは次第に立体的となり、個性を表していくのが面白い。

コムデギャルソン シャツ コピーの構成は、序盤でも分かるように徐々に複雑化されていく。そこに、最も象徴的である現代アートのようにモチーフが登場するのだ。絵画を邪魔してはいけないと、小さめに施された襟の下、そこはいよいよキャンバスとして捉えられる。

ハイブリーチのセットアップやコートは、ステッチが力強く走り、シャツの時と同じように精密に計算されたパネルを強調する。その後、ベルトバックルに続いて、オブジェのようなディテールが立体的なアートへと導くだけでなく、短冊型のテキスタイルが揺れるヘムさえも立体感を伝える。

シャツに代わって登場したコムデギャルソン 偽物のジャケットも同じく、装飾が過剰に施されている印象。シャープな襟元のシングルジャケットは、ステッチをしっかりと走らせて、ボタンではなくベルトバックルを装備した。Pコートは、部分的にベストを羽織っているかのようにパターンが施されている。それらもまた、洋服という概念を重ねて生まれた、どこかアートの名残を想わせるデザインである。